スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅 Blu-ray Disc BOX

諦めかけていた所でついに発売された紅 kure-nai BD-BOX。
DVDを買わずに待っていて本当によかった…。
ありがとうポニーキャニオン。

BOXの特典は基本的にDVDと同じもののようだが、
初見の私にとってはいろいろと興味深いものが多かった。

まずは本編未使用シーン集。
これは未使用になったコンテ絵にプレスコ音声を付けたもの。
音声は収録したものの、作画まで行かずカットされたのだろう。
ある意味プレスコで作られている紅ならではの贅沢な特典だ。

カットされた部分を確認していくと、確かに不要と思うのもあれば、
こんな所を落とすのかと驚かされる部分もあり興味深い。
実際にどこをカットするのかという判断は非常に難しいのだろうなあ。
中には尺が足りなくて泣く泣く削ったものもあった事だろう。
そういうカットを音声付きで見る事ができるのは有り難い。

未使用カットが特に多い話は、ミュージカル回の6話だ。
これは脚本演出が監督でもあり、特にこだわりの跡がしのばれる。
逆に言うとあれだけ摘めるような贅沢な作りだったからこそ
傑作回と言われるものに成り得たのだろう。

原作にあったセリフがカットされている事もしばしば見受けられる。
それは主にキャラクターの立ち位置などに関する都合が多いようだ。

例えば環が空手の達人と匂わせるようなシーンをカットしたり、
闇絵と紅香が旧知の関係と分かるシーンがカットしてあったり。
この二人に関しては、個人的には一般人として設定された事が
五月雨荘の日常的な幸せというものを演出する上で、
かなり効果的だったのではないかと思っている。

特典のブックレットも面白い。96Pのボリュームだ。
設定資料や声優インタビューも載っているのだが、
個人的に一番興味深かったのは松尾衡監督のコメントだ。

このアニメを引き受けた際のエピソードとして、
紫以外のキャラに興味を持った事がなかったという話があり、
この辺りがアニメ版の紅のキモになっているのだと思った。

アニメ版では紫を中心とした構成に変更する事で、
紫というキャラクターの魅力がより際立ったと思っている。
それが監督の意図として大きく働いていたというのが分かり、
いろいろな事が腑に落ちたように感じた。

声優陣や監督によるオーディオコメンタリも付いている。
これはまだ全部を聞いたわけではないのだけれど、
松尾監督と沢城みゆきのコメンタリは非常に面白かった。

単なるコメンタリというよりは、まるで対談という雰囲気で、
監督が声優に求めるものや、沢城みゆきの役作りについてなど
かなりつっこんだ内容を聞く事ができる。
真九郎の役作りにはかなりの苦労があったのね…。

以上、かなり魅力的な特典が付いたBD-BOXなので、
DVDを購入していなかった人は買って損はないだろう。
TV版の録画と見比べても、画質はもちろん素晴らしい。

ところであのボックスパッケージはどういう意味があるのだろう。
紫が端の方にちょっとだけ見えている絵なのだが。
単独の絵として見ると中途半端は感じが…。
もしかするとアニメ2期への布石だったりして。

「紅」Blu-rayDiscBOX(初回限定生産)「紅」Blu-rayDiscBOX(初回限定生産)
(2011/08/17)
沢城みゆき、悠木碧 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

進撃の巨人 5

今一番熱いマンガ、進撃の巨人の5巻。
前巻が4月だったので、わずか4ヶ月で登場という事になる。

前巻のエントリでも心配していたのだが、
どうやら過去話は、さすがにもう終わりになったようだ。
もしかして4巻の不評?を受けての軌道修正だろうか。
なんにしてもヨカッタヨカッタ。

前巻と違って、今回はやっとメインストーリーが展開。
巨人の謎についても徐々に明らかになってきた。
それでも3巻までに比べると、比較的ゆっくり進む感じ。

前半は裁判の様子が描かれているが、人類側にも派閥があり、
一枚岩でない事が伺える。この辺りは後の伏線にもなるのだろうか。
こういうむき出しの人間性もこの作品の大きな魅力だと思う。

どのキャラもひとクセもふたクセもある感じなのだが、
中でも今回登場したハンジは極めつけのキャラのようだ。
捕獲した巨人を実験材料にしている変態研究者である。
もちろんそれ自体は必要な事だが、やり方がね…。正直引くわ。
ストーリー上かなり重要なキャラと思われるので今後が楽しみ。

今回の一番の見せ場といえば、調査兵団の勧誘式だろうか。
前巻の過去話はこのシーンの為にあったと言っていいだろう。
団長のあけすけな演説といい、各々のメンバーの心の揺れといい、
このマンガらしいギリギリ感がとても熱い。熱すぎる。

最後はとても気になる所で終わっているんだが、
次回の予告を見ると、なに、これ、なに??
ギャグ予告があまりにもヒドイ。反則だろ。
これがギャグになってなかったらどうしよう…。

進撃の巨人(5) (少年マガジンコミックス)進撃の巨人(5) (少年マガジンコミックス)
(2011/08/09)
諫山 創

商品詳細を見る

おとめ妖怪ざくろ 6

キャラクター原案を手がけた「輪るピングドラム」が好評の星野リリィ。
そして去年アニメ化された、おとめ妖怪ざくろも佳境の6巻だ。

神がかりの里編?の完結編となる内容で、一区切りといったところ。
ちょうどアニメの最終回の辺りになるのだろう。
ただしアニメが先行していた事もあり、異なる結末になっている。

アニメ版はけっこう重い感じになってしまっていたのだが、
漫画版では比較的救いのある展開で、個人的にはこっちの方が好み。
アニメでは特に百禄橙橙がかわいそうだったので…。
また恋愛ものとしても、よりストレートで良かったと思う。

アニメはワンクールだったので、話を分かりやすくするためにも
沢鷹をより敵役として明確に位置付け、その分悲劇性も演出していたが、
その為に後半はざくろ君が脇役っぽく、どっちが主役?という感じが
大きな不満点だったのだが、その辺りもやや軽くなっている事で、
全体的なバランスが良くなっているように感じられた。

個人的には日常的なやりとりや、ちょっとコメディタッチのところが
この漫画の魅力なので、重い展開の話が終わって少しほっとしている。
新章がどういう展開になるのかは、まだ分からないけれど、
なるべく穏便に頼みますよ。リリィせんせ。

アニメ版と比較すると、まだ薄蛍の可愛さ分が足りない感じなので
(これは声が花澤香菜だったという事も大きいかもしれないが)
その辺りの踏み込みに期待してみたい所である。
頼みますよリリィせんせ(しつこい)

ところで今回は特装版を買ってみたのだけれど、その内容が…。
これって、作者本人による同人誌みたいなもんやん!
やばい。反則すぎる。女性読者は大喜び!なのだろうか。
男にとっては誰得という感じなんですけど…。
まあ、ある意味お金を払う価値がある内容ではあるな。
特装版が無くならないうちに、お早めにどうぞ。

おとめ妖怪 ざくろ(6)特装版 (バーズコミックス)おとめ妖怪 ざくろ(6)特装版 (バーズコミックス)
(2011/07/23)
星野 リリィ

商品詳細を見る

ドリフターズ 1

ヒラコーこと平野耕太の新刊ドリフターズの1巻。
とはいいつつ、もう発売されたのが1年前ですが。
どんだけ積んでるんだ自分…。
2巻は出る出るいわれてまだ出てないのでセーフか。

いきなり冒頭は関ヶ原のシーンから開始する。
いわゆる島津退き口。捨てがまりの島津豊久である。
ヒラコーらしくもない真面目な歴史ものかと思ったら
大間違いでございました。

歴史上の偉人が出るわ出るわ。信長に那須与一、
ハンニバルにスキピオ、土方歳三にジャンヌダルク。
もうメチャクチャなのでございます。
要するにオールスターで戦国バサラがやりたいのね…。
登場する人物は頭がいかれてるキャラばかり。
そりゃ面白くないわけがないですな。

独特の艶のある絵は相変わらず圧倒的だ。
タイトル見開きの豊久の後ろ姿には惚れ惚れする。
むちゃくちゃな甲冑だが格好いいので問題なし。
月夜の下の国王軍団なんかも悪魔的表現が美しい。
できればカラーで見たいのでカラー増えませんかね。

しかし島津豊久の薩摩弁が中途半端でちょっとゲンナリ。
異世界に行ったら現代風になるのはいいんだけど、
やるなら現実世界でもきちんとやって欲しかった。
逆に読み難くなってしまっているのが残念。
思い切って方言にしない方がよかったのではないか。

ストーリーはほとんど無いようなものなので、
今後行き詰まりそうな予感がひしひしとするが、
その辺りがどう展開するか見物でもある。

ドリフターズ 1巻 (ヤングキングコミックス)ドリフターズ 1巻 (ヤングキングコミックス)
(2010/07/07)
平野 耕太

商品詳細を見る

 | HOME | 

プロフィール

じん

Author:じん
ゆるゆると人生勘違い。主にマンガや小説の感想などを載せています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (0)
マンガ (68)
CD (24)
アニメ (5)
本 (19)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。