スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外天楼

それ町の石黒正数による連作短編集?という趣の新作。

メフィストに載った漫画を集めたものらしく、
味わいとしてはお得意のミステリものにSFを加えた感じ。

2008年から11年まで、期間的にはバラバラに書かれているし、
最初と最後ではかなり印象が違っているという点から考えて、
全体の構成は後付で作ったものと思われるのだが、
その割にはよく考えたなあという、凝った作りになっている。

まず第1話だが、SF感は全くなく普通の日常ミステリ。
お兄ちゃんのことなんか(略でこんなネタあったっけな…
エロ本だけでよくこんな話がかけますな。
ちょっとコメディタッチだが、さすがという面白さ。

第2話はメタ構成のミステリというか。こった構成。
宇宙刑事というバカバカしい設定でミステリをやろうという、
そのバカミス精神やよし!こういうノリは大好きだ。

第3話は完全なSFでロボット社会もの。
第4話は密室殺人のパロディでこれまたバカミス。
この2つもなかかかの佳作で。それぞれ面白い趣向。

ここまでが2008年と2009年に書かれているのだが、
それぞれの話にほとんど関連性は無い感じなので、
恐らくはこれを連作とする気はなかったのだと思う。

次の第5話からは、今までのものを連作にするため、
さまざまに話を繋げていこうという流れが見えてくる。
第4話で登場した桜庭と山上のデコボコ刑事を中心に、
徐々にシリアスな方向に話はシフトしていく。

第5話はダイイングメッセージのパロディ。
刑事と容疑者でコントをやっているような感じで、
かなりバカバカしく面白い。漫画らしいバカミス。

第6話以降はこの事件全体の謎解きをやりつつ
上手く1話から4話の話を伏線として絡めていく。
やや強引と思える部分も無くはないものの、
最初は予定されていなかったものと考えると
かなり上手くまとめたと言えるのではないか。

ミステリ、SF好きにはおすすめの一冊。
特にバカミス好きは読んで損はない。

外天楼 (KCデラックス)外天楼 (KCデラックス)
(2011/10/21)
石黒 正数

商品詳細を見る
スポンサーサイト

R02 白石涼子

白石涼子のアニソンカバーアルバムの第2弾。
ちょっと前に発売されたのだけど、いまさらの紹介。遅い…

前作のR01もファン投票で歌う曲を決めるという企画もので、
曲目がかなりマニアックでチャレンジャブルなアルバムだったが、
今回は映画版のハヤテ、ネギまの公開に合わせた企画という事で、
これまたかなりマニアックなアルバムですな…

全8曲のうち4曲づつがハヤテとネギまからの曲になっており、
1曲目がハヤテ、2曲目がネギまと交互に曲が並ぶ構成になっている。

まずは1曲目「Oh!My Honey」これは綾崎ハーマイオニーの曲なので、
なんと白石涼子のセルフカバー。いきなりの変化球だ。
自分の持ち歌という事もあり、実に気持よくパワフルに聞かせる。
白石涼子の声質にとてもマッチしていて、ノリのいい名曲だ。
元の曲ではちょっとテクノっぽいアレンジでサウンドがいまいちだったが
こちらのアレンジはもっとロック調になり、サウンドの質も上がってる。

2曲目の「a precious pride」はネギま1期の曲らしい。
聞いた事がなかったのだが、これは後期EDのカップリングだそうな。
んーかなり渋いチョイス。そりゃ聞いた事ないですわ。
しかしこれが白石涼子の声質にマッチしてなかなか良い感じ。
ちょっとマイナー調の80年代ポップという渋めの曲。

そして3曲目の「Power of Flower」はヒナギクのキャラソンだ。
白石涼子の声は伊藤静よりもパワフルで、この曲のコンセプトにぴったり。
でも歌の上手さ自体は伊藤静の方が上だと思うけどね…。贔屓目?
しかし甲乙つけがたいぐらい良いのは間違いない。
こちらの曲のアレンジもよりHR風にパワフルサウンドになっている。

最後の8曲目「A-LY-YA!」はシャフト版ネギまからの曲。
4話からEDとして使われていて、毎話別のキャラが歌うという企画だった。
白石涼子も9話で3人のうちの一人として歌っていたようだ。
元の曲では他の2人に合わせるためか、キャラソンでのキャラ作りなのか
ちょっと大人しめに歌っていたのだが、このアルバムではパワー全開。
元々ちょっと沖縄民謡っぽい、声量のある白石涼子向きの曲なのだが、
白石涼子のために作られたのではと思えるほどマッチしている。
ハイ!ハイ!の掛け声が実に気持ちいい。

その他の曲もそれぞれ元々の曲とはアレンジが変わったりして、
元曲を持っている人でも、かなり楽しめる作りになっている。
企画ものはどうも…と思っている人も手を出してみて損はしないのでは。
iTSでも扱っているので手軽に入手できるのも嬉しい。

R02R02
(2011/08/10)
白石涼子

商品詳細を見る

怪物王女 16 限定版

約3ヶ月ぶりの怪物王女16巻。あいかわらずのハイペース。
今回はついにOAD付きを購入してみた。しかし高いのう…
OAD付きも今回で3回目という事で、人気があるんですな。
当初3巻目は予定になかったらしいので、出版社の予想以上なのか。

今回特別版を購入したのは、OAD付きという事もあるのだが、
シークレットトラックとして暗闇王女が収録されているという理由もある。
この暗闇王女はOADの1巻目に収録された話の原作に当たるらしく、
シリウス本誌には載ったものの、単行本には収録されていなかったようだ。

この話自体は特別に面白いというわけでもないのだが、
特別版でしか読めないとなると、どうしても買いたくなるもので…
なかなか上手い商売だが、漫画好きとしては痛し痒しといった所だ。

この16巻全体としては、メインストーリーの話が中心になっており、
めずらしくストーリーがかなり進んでいる。しかも大きく転換。
詳しくは書かないが、かなり引っくり返す感じで、うーんという感じ。
当初予定されていた構成ではなさそうな雰囲気だが、どうなのか。
やや無理やり感があるのは否めないかもしれない。

唯一メインストーリーと関係ない話が流転王女だ。
お得意のパラレルワールド、タイムパラドックスものでSF風味。
これだけシリーズが続くと、似たようなネタを別の味付けで、
という話が多くなってしまうが、それでも充分面白い。
ヒロの想いに焦点を当てているのがいいのだろうか。

付属のOADは孤島王女というタイトル。描きおろしオリジナルらしい。
OAD版は初めてみたのだが、姫の声のみさおは意外と違和感がなかった。
フフンはちょっと自然すぎてどうかと思うが。
それよりリザのキタエリの方が違和感があるかも…
王族は集合するわ、南久阿も出るわ、温泉はあるわでサービス版な感じ。

内容はミステリでいわゆる孤島もの。しかし実はSFでもある。
ちょっとベタだが逆にそこがいい感じに仕上がっている。
戦闘シーンはかなり作画がいい。カットは長くないけれど。
令裡さんのパンツは見えません。漫画だと見せまくりなのにねえ。
オーディオコメンタリも付いてるので、お得感はあるかもしれない。

ケルベロッテちゃんの方はなんすかこれ…
単なるサービス映像でしょうか…

DVD付き 怪物王女(16)限定版 (シリウスコミックス)DVD付き 怪物王女(16)限定版 (シリウスコミックス)
(2011/10/06)
光永 康則

商品詳細を見る

第七女子会彷徨 4

およそ10ヶ月ぶりの「ななじょ」最新巻。
連載していたコミックリュウが6月に休刊してしまったらしい。
知らなかったが大丈夫なんだろうか…。
12月にリニューアル創刊だそうな。

今巻の注目と言えば、珍しい前後編が収録されている事だろう。
もしかしてこのマンガでは初だろうか?
内容的にはいわゆるアブダクトもの?なのだが、
テイストとしては日常的な違和感という感じで、
この作者らしい、日本SF魂があるなかなかいい話だ。

あとがきで2巻のうさぎ話とオチが被ってると言っていたが、
他の生物から見ると、人間の生活そのものが娯楽という、
そのオチは確かに被っているかもしれない…。
筒井康隆とか星新一チックな話なので仕方ないと思うが。

それと細かい所なのだが、これまでちょっとだけ出ていた、
マスクを付けたキャラの出番がなぜか増えている。
そして名前まで明らかに。長崎さんというらしい。
実は隠れた人気キャラだったりするのだろうか。

ところどころで出てくる光子も可愛い。
金やんの部屋で寝てるシーンが出てくるのだが、
机の下でコンセントくわえて充電していたり、
ぬいぐるみを抱いて床で寝ていたり。
ロボットだと思うので寝なくてもいい気がするが…

しかし光子は「ひかりこ」と読むのだったのね。
いままで「みつこ」だと思ってた…。
と思って調べてみたら、2巻で「ひかりこ」になってた。
なんで読んだ時に気付かなかったのだろう?

その光子の話も収録されているのだが、これがまた面白い。
子供にすごく哲学的な事を言ってズレまくる話だが、
やっぱり光子と子供の組み合わせは相性がいいみたい。
しかし光子のデザインはずいぶん可愛くなったな…
最初に出てきた時はけっこう不気味だったのに。

初回特典でゴーストライターというミニ本が付いてるが
本編とはテイストが違う、真面目なちょっといい話だ。
なかなか面白いので、興味があれば特典があるうちに
買っておいたほうがいいだろう。

第七女子会彷徨 4(リュウコミックス)第七女子会彷徨 4(リュウコミックス)
(2011/09/13)
つばな

商品詳細を見る

 | HOME | 

プロフィール

じん

Author:じん
ゆるゆると人生勘違い。主にマンガや小説の感想などを載せています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (0)
マンガ (68)
CD (24)
アニメ (5)
本 (19)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。