スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第七女子会彷徨 4

およそ10ヶ月ぶりの「ななじょ」最新巻。
連載していたコミックリュウが6月に休刊してしまったらしい。
知らなかったが大丈夫なんだろうか…。
12月にリニューアル創刊だそうな。

今巻の注目と言えば、珍しい前後編が収録されている事だろう。
もしかしてこのマンガでは初だろうか?
内容的にはいわゆるアブダクトもの?なのだが、
テイストとしては日常的な違和感という感じで、
この作者らしい、日本SF魂があるなかなかいい話だ。

あとがきで2巻のうさぎ話とオチが被ってると言っていたが、
他の生物から見ると、人間の生活そのものが娯楽という、
そのオチは確かに被っているかもしれない…。
筒井康隆とか星新一チックな話なので仕方ないと思うが。

それと細かい所なのだが、これまでちょっとだけ出ていた、
マスクを付けたキャラの出番がなぜか増えている。
そして名前まで明らかに。長崎さんというらしい。
実は隠れた人気キャラだったりするのだろうか。

ところどころで出てくる光子も可愛い。
金やんの部屋で寝てるシーンが出てくるのだが、
机の下でコンセントくわえて充電していたり、
ぬいぐるみを抱いて床で寝ていたり。
ロボットだと思うので寝なくてもいい気がするが…

しかし光子は「ひかりこ」と読むのだったのね。
いままで「みつこ」だと思ってた…。
と思って調べてみたら、2巻で「ひかりこ」になってた。
なんで読んだ時に気付かなかったのだろう?

その光子の話も収録されているのだが、これがまた面白い。
子供にすごく哲学的な事を言ってズレまくる話だが、
やっぱり光子と子供の組み合わせは相性がいいみたい。
しかし光子のデザインはずいぶん可愛くなったな…
最初に出てきた時はけっこう不気味だったのに。

初回特典でゴーストライターというミニ本が付いてるが
本編とはテイストが違う、真面目なちょっといい話だ。
なかなか面白いので、興味があれば特典があるうちに
買っておいたほうがいいだろう。

第七女子会彷徨 4(リュウコミックス)第七女子会彷徨 4(リュウコミックス)
(2011/09/13)
つばな

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://oldpond.blog70.fc2.com/tb.php/104-e278d24e

«  | HOME |  »

プロフィール

じん

Author:じん
ゆるゆると人生勘違い。主にマンガや小説の感想などを載せています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (0)
マンガ (68)
CD (24)
アニメ (5)
本 (19)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。