スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒストリエ 7

かなり待たされましたヒストリエ7巻。
調べてみたら1年半ぶり。もう忘れかけてたよ。

今回はアレクサンドロス中心のエピソード。
まずはなぜ彼の精神が壊れたのかという原因など。
お母さんはかなり豪快というか豪傑というか。
後に後継者戦争でも大きく絡んでくる女性だし。
彼女がかなり大きなウェートを占めているようだ。
ありていに言ってマザコンです。
まああんなものを見せられてはね…
蛇が頭を飲み込んで行くイメージが強烈だ。

有名な肖像画の使い方が非常に上手いと感じた。
誰もこういう形で使われるとは想像しなかっただろう。
確かにフィリポスには全然似てないのだけど。

ペウケスタスのエピソードは逆に正のエピソード。
これもその前の負のエピソードがあるから生きてくる。
コンプレックスがアレクサンドロスの行動原理になり
偉業というか覇業をなしとげさせたのだろうか。
しかしペウケスタスの嬉しさは想像に余りある。
王子のために命を掛けようと思っても不思議ないな。

そして作者の創造と思われるマケドニア将棋。
将棋シーンのエウリュディケの楽しそうなこと。
なにがそんなに彼女の琴線に触れたのだろうか。
普段偉そうな父親がへこまされた事?
作ったエウメネスも負かしてしまうのだから、
かなり頭のいい女性だったのだろうな。
史実ではどうやらフィリポスの妃になるらしいが、
その辺りは果たしてどう描かれるか。楽しみ。

最後は時代がけっこう進んでいるようなので、
どうやらゆっくりペースで行くのはこの巻まで。
どれだけ描き切るのに時間が掛かるかと思ったが
ようやく戦場でのエウメネスの活躍が見られそうだ。

そういえば今回は特別版も発売されているらしく、
そちらにはマケドニア将棋がついてくるみたい。
私は気づかないで通常版を買ってしまったが、
知っていればそっちが欲しかったかも…
かなり変則的なルールのように思えるので、
どうデザインされているか気になる。
興味がある人は売り切れないうちに。

ヒストリエ vol.7 限定版 (アフタヌーンKC)ヒストリエ vol.7 限定版 (アフタヌーンKC)
(2011/11/22)
岩明 均

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://oldpond.blog70.fc2.com/tb.php/110-f972640d

«  | HOME |  »

プロフィール

じん

Author:じん
ゆるゆると人生勘違い。主にマンガや小説の感想などを載せています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (0)
マンガ (68)
CD (24)
アニメ (5)
本 (19)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。