スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星を継ぐもの 2

星野之宣の大作SFの第2巻。前回から計算すると、
約5ヶ月での登場なので、かなりのハイペースだろう。
その間に再編集の短編集が3冊も発売されており、
久しぶりの単行本という感じは全然しない。
結局は全部買わされてしまったしな…
どれも面白かったし、ファンには堪らない期間だった。

さて2巻の内容だが、かなり展開が早くて驚く。
本来の「星を継ぐもの」の内容はあっさりと通過。
最後にはもう「ガニメデの優しい巨人」に突入。
「星を継ぐもの」で一区切り付けると思っていたので
これには正直ちょっと驚いた。

もしも「星を継ぐもの」しか読んでない人だったら
これを読んでかなりビックリしたに違いない。
だってガニメアンがいきなり現れてしまうんだから。
原作のカタルシスもあったものではない。
まあ全体の構成を考えると正しい選択なのだが…

「星を継ぐもの」の最後はダンチェッカーの見せ場だが
ここではまだ構成上お預けになってしまった感じ。
その分、作者お得意の歴史部分について補充され
ホモサピエンスに関する考察はかなり掘り下げられた。

特に風が強い事に関する仮説の部分などについては
原作と比べても飛躍的に面白くなっており、
単なるSFの枠に囚われない、この作者ならではの面白さ。

これだけの名作を単に漫画化するだけではなく、
独自解釈を入れ、さらに面白くしてくるのだから、
その漫画家としての姿勢には脱帽である。

ガニメアンのデザインはもっと甲殻類のような
固い感じを想像していたのだが全然違った。
羊のような感じと言えばいいだろうか。
確かに性格などを考えてみれば、草食系という事で
違和感はないデザインなのだが。
この辺りも多くの読者に不快感を与えないように
いろいろと配慮などもあるのかもしれない。

しかしあの平和委員会のアホ面。笑った。
この辺りでそんな伏線を引いてくるとは。
この感じだと3巻では「巨人たちの星」に入るのか。
もう少しユックリやってくれてもいいのだが、
雑誌連載だとそうもいかないんだろうな…

星を継ぐもの 2 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)星を継ぐもの 2 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
(2011/11/30)
星野 之宣

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://oldpond.blog70.fc2.com/tb.php/111-60fe976a

«  | HOME |  »

プロフィール

じん

Author:じん
ゆるゆると人生勘違い。主にマンガや小説の感想などを載せています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (0)
マンガ (68)
CD (24)
アニメ (5)
本 (19)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。